『徹底比較』初心者向けエギングセットおすすめ8選|入門最強セットを紹介

エギングセット

こんな疑問を解決します

悩んでいる人
・何を揃えたらいいか分からない

・エギングをやってみたいけど道具がない

この記事を読めば満足するエギングセットを選べるようになり、自分に合った形でエギングをスタートできます。

記事の信頼性

 

くまつり
どうも、釣り歴20年の現役エギンガーくまつりです。

今まで使ってきたエギングロッドとリールは50本以上です。(主にDAIWA・SHIMANO・YB・OLYMPIC)

今回おすすめするエギングセット8選は、これまで多くの釣具を使ってきた経験と口コミ評価をもとに、そのまま釣りに行けるセットを厳選しました。

エギングセットとは

エギングセットとは

エギングタックル

エギングセットは、エギングに必要な釣り具がほぼ揃っているセットです。

何を揃えたらいいか分からない初心者も、エギングセットを買えばすぐに釣りをスタートできるのが魅力です。

エギングセットのメリット・デメリット

メリット デメリット

メリット


  • 手軽に始められる

    何を揃えるか悩むことなく、買ってすぐに釣りができます。


  • 価格がお得

    バラで買うよりお得な商品もあります。


デメリット


  • アタリはずれの見極めが難しい

    「良いエギングセット」と「悪いエギングセット」があります。

    上級者は内容の良し悪しを判断できますが、初心者には見極めが難しいです。


くまつり
この記事のエギングセットは「良いエギングセット」のみまとめています。

エギングセットの内容

釣り具セット(エギングセット)

※写真はイメージです

基本的なエギングセットの内容


  • ロッド

    エギング初心者に適した長さは8ft~8.6ftです。

    エギングセットにはほぼその長さが選ばれています。


  • リール

    エギングセットのリールには、ラインを巻いて販売されているものが多いです。

    ラインはPEとナイロンの2種類あります。

    性質が違うので優劣はありませんが、エギングに適しているのは感度が高いPEです。


  • エギ

    イカの大好物である魚とエビの形をしたルアーです。


  • リーダー

    PEラインは伸縮性がなく擦れに弱いので、直接エギを付けたらテンションがかかった時に糸が切れてしまいます。

    リーダーは伸びる性質があるので、PEラインとエギの間にはさむことでクッションの役割を果たし、糸が切れにくくなります。


  • スナップ

    エギを素早く付け替えするアイテムです。


くまつり
今からお伝えするエギングセットおすすめ8選は、必要な道具が全て揃っています。

エギングセットおすすめ8選(価格順)

選考基準

  • エギングに必要な道具が全て揃っている
  • 適正な価格である

比較表(価格順)
名前をタップしたら各ページに飛びます

価格 おすすめ度
【1】RUNA HISANO 2,880円 『4』
【2】最強コスパ 6,080円 『3.5』
【3】Friday 入門5点 8,085円 『4.5』
【4】Friday パーフェクト 11,880円 『4』
【5】Major Craft 13,185円 『3.5』
【6】SHIMANO ソルティー 18,900円 『3』
【7】入門セットEX 19,880円 『4.5』
【8】SHIMANO セフィアBB 30,243円 『3.5

【1】RUNA HISANO エギングセット

『おすすめ度:4』

セット内容(2,880円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ7.6ft)
  • リール×1(ナイロンライン)
  • エギ3.5号×1
  • エギ3号×1
  • エギ2.5号×1

+αあると便利な道具

・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

RUNA HISANOエギングセットには、ナイロンラインが使われていますね。

メリット・デメリットは次のとおりです。

ナイロンラインのメリット

①リーダー不要でエギを直接付けられるので、ライン結びの手間が減ります。

②トラブルが少なく、糸がらみでぐちゃぐちゃになることはほぼありません。

ナイロンラインのデメリット

①アタリが分かりにくいです。

エギングは想像以上にリールに負担がかかる釣りです。「数回の釣行でリールが壊れた」と言う意見もあり、もしエギングにハマったら買い直すことになるでしょう。

釣行回数が月4以上なら【7】エギング入門セットEXを買ったほうが、耐久性が高く性能も上がるので結果的に安上がりです。

このセットを販売しているRUNA HISANOのコンセプトは「お弁当代くらいで釣具が買え、釣れても釣れなくても"釣り"を楽しんで頂きたい」と方向性がハッキリしています。

「年に数回遊び感覚」「最安セットで始めたい」「子どもに買ってあげたい」という方には非常におすすめです。

こんな方におすすめ

  • お試し感覚
  • とりあえず最安で始めたい
  • 子どもに買ってあげた

【2】最強コスパ エギングフルセット

『おすすめ度:3.5』

セット内容(6,080円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8ft/自重169g)
  • リール×1(PEライン0.8号100m付き)
  • リーダー×1(2号5m付き)
  • エギ3.5号×3
  • エギ3号×4
  • エギ2.5号×3
  • エギスナップ×?
  • エギケース×1

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

【1】RUNA HISANO エギングセットの倍の価格ですが、違いは「ラインがPEライン」「エギの数が7本増える」の2つです。

PEラインのメリット・デメリットは次のとおりです。

PEラインのメリット

①高感度でアタリをとりやすいです。

PEラインのデメリット

①PEラインとリーダー(クッションの役割をするライン)を結ぶ手間がかかります。

②扱いに慣れるまではライントラブルしやすいです。

「なんだ、デメリットのほうが多いじゃん」と思いがちですが、慣れるとデメリットは消えてメリットのみになります。

そして最初は着底がわからず根がかりする可能性がありますが、エギが7本付いてるので追加で買う必要がないのもいい点ですね。

「PEラインでエギングをしてみたい」という方におすすめのセットです。

こんな方におすすめ

  • PEラインの最安セットで始めた

【3】Friday エギング入門5点セット

『おすすめ度:4.5』

セット内容(8,085円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8ft/自重122g)
  • リール×1(PEライン0.8号200m付き/自重249g)
  • エギ3.5号×3(カラー3色/スナップ付きリーダーあり)
  • エギ3号×2
  • エギケース×1
  • リーダー×3(簡単に付けられるタイプ)
  • ゴミ袋×1(サイズ33cm×22cm)

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモorギャフ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

ロッドの長さは8ftと使いやすく汎用性が高いので、堤防ならほぼどこでも対応できます。

リールにはPEライン0.8号200m巻いてあります。ライン結びに失敗したり、ライントラブルがあっても何回もやり直せるので安心です。

エギのカラーも3色あり、リーダーも簡単に装着できるクイックタイプで、ゴミ袋まで付いてきます。

この商品のデメリットを挙げるなら、ロッドとリールの自重が少し重いことです。ただし、1日釣りするにあたって支障はありません。

かゆいところに手が届く、エギング初心者の気持ちを理解した内容です。

こんな方におすすめ

  • 予算1万円のエギング初心

【4】Friday エギング パーフェクトセット

『おすすめ度:4』

セット内容(11,880円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8ft/自重122g)
  • リール×1(PEライン0.8号100m付き/自重280g)
  • エギ3.5号×3(カラー3色/スナップ付きリーダーあり)
  • エギ3号×2
  • エギケース×1
  • リーダー×3(簡単に付けられるタイプ)
  • ギャフ×1(収納寸法38cm/全長3m)
  • イカ絞め道具×1
  • ゴミ袋×1(サイズ33cm×22cm)

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)

評価

【3】Friday エギング入門5点セットとの違いは「ギャフ付き」「イカ絞め道具付き」「ラインの量」の3つ。

最大3mまで伸びるギャフと、手を汚さずにイカを絞められる道具が付きますが、ラインが0.8号100m付きにダウングレードしています。(【3】Friday エギング入門5点セットは0.8号200m付き)

ぶっちゃけギャフは別で買えばいいですし、イカ絞めはチョップでもやれます(笑)

非常に良い内容ですが、ライン量が少ないので少し評価は下がります。逆にそこさえ気にならないなら買いです。

こんな方におすすめ

  • ギャフとイカ絞め道具もセットで欲し

【5】Major Craft エギングセット

『おすすめ度:3.5』

セット内容(13,185円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8.3ft/自重95g)
  • リール×1(0.8号PEライン120m付き/自重280g)
  • エギ×1(【ダイワ】エメラルダス ラトルorラトルTYPE-S 3号)
  • リーダー×5(2号2m/スナップ5個付き)

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

ロッドは釣りメーカー「メジャークラフト製」

リールは2大釣りメーカー「ダイワ製」

エギは「ダイワ製」

リーダーは釣りメーカー「DUEL製」

まるで国産しか取り扱わないスーパーのような安心感があります。

名の知れた釣りメーカーのエギング専用モデルを試したい方にはおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 名の知れた釣りメーカーのエギング専用モデルを試した

【6】SHIMANO ソルティーアドバンス エギングセット

『おすすめ度:3』

セット内容(18,900円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8.3ft/自重97g)
  • リール×1(0.8号PEライン150m付き/自重265g)
  • エギ×5
  • エギケース×1
  • スナップ×6
  • リーダー×1(1.5号10m)

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモorギャフ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

内容は良いですが、PEライン0.8号に対してリーダー1.5号は細いです。(2号〜2.5号がベスト)

リーダーを追加で買う必要があるのでその分評価が少し落ちますが、シマノの最安エギング専用モデルをセットを使いたい方はおすすめです。

こんな方におすすめ

  • シマノの最安エギング専用モデルを使いた

【7】エギング入門セットEX

『おすすめ度:4.5』

セット内容(19,880円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8.3ft/自重95g)
  • リール×1(0.8号PEライン150m付き/自重260g)
  • エギ3.5号×5(ラトルあり×3、ラトルなし×2)
  • エギ3号×5(ラトルあり×3、ラトルなし×2)
  • エギケース×1
  • スナップ×9
  • リーダー×1(2.5号30m)
  • イカ絞め道具×1

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモorギャフ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

ロッドは釣具メーカー「メジャークラフト製」

リールは2大釣具メーカー「シマノ製」

エギは2大釣具メーカー「ダイワ製」

そしてオリジナルエギング入門ガイド付き・・・安心感が渋滞しています(笑)

エギは状況次第で内容が変わるようですが、19,880円はお買い得です。

こんな方におすすめ

  • 予算20,000

【8】SHIMANO セフィアBB エギングセット

『おすすめ度:3.5』

セット内容(30,243円)※価格は執筆時点

  • ロッド×1(長さ8.3ft/自重102g)
  • リール×1(PEライン150m付き/自重235g)
  • エギ×5
  • エギケース×1
  • スナップ×10
  • リーダー×1

+αあると便利な道具

・ライター(PEラインとリーダーの切断面が接触して切れるのを防ぐ)
・ハサミ(適切な長さでラインを切るため)
・タモorギャフ(釣れたイカを安全に回収するため)

評価

シマノのエギングブランド「セフィア」の入門モデルセットです。

性能はエギングセットNo.1。ここがエギンガーの出発点と呼べるでしょう。

こんな方におすすめ

  • シマノのエギングブランド「セフィア」を使いたい

迷ったらコレ!目的別おすすめ3選

おすすめ

価格で選ぶ

【1】RUNA HISANO エギングセット

ロッド・リール・エギのセット。最安で今すぐ始められます。

ポイント

お試しで始めるならコレで決まり。

コスパで選ぶ

【3】Friday エギング入門5点セット

PEライン200m巻きで練習が何回もできるのと、替え用リーダー付きで安心です。

ポイント

予算10,000円ならコレで決まり。

満足度で選ぶ

【7】エギング入門セットEX

ロッド・リールが有名釣具メーカー製で買い替える必要がありません。

ポイント

予算20,000円ならコレで決まり。

エギング関連記事

関連記事『エギングロッド』高い竿と安い竿の価格の違い|いくら出せば満足できる?

関連記事『初心者向け』エギングロッドの選び方|硬さ・長さ・重さ・感度を解説

関連記事『決定』コスパ最強のおすすめエギングロッド2選!

関連記事『エメラルダス』ダイワのエギングロッドを徹底比較|価格別おすすめを紹介

  • この記事を書いた人
  • 最新記事