『完全ガイド』大多尾漁港エギングのポイント・アオリイカの釣り方

大多尾漁港

画像引用:国土地理院

こんな疑問を解決します

悩んでいる人
・大多尾漁港のエギング情報を知りたい

・大多尾漁港エギングのポイントと釣り方は?

記事の信頼性

 

くまつり
どうも、釣り歴20年の熊本県民くまつりです。

今回の内容は大多尾漁港に長年通ってかき集めたエギング情報です。

大多尾漁港の場所

大多尾漁港

大多尾漁港

大多尾漁港は天草市新和町にあります。

釣り場がとても広く足場が良いので、シーズン中は多くのエギンガーで賑わいます。

漁港全体が山に囲まれており、北風・西風に強いです。

西海岸方面が強風で釣りができない時も、大多尾漁港ならできる時があります。
くまつり

また西海岸方面よりも水温が少し低く、1カ月ほど遅れてシーズンインします。

旧波止のポイント・釣り方

大多尾漁港のポイント

大多尾漁港のポイント

アオリイカが釣れる時期

春◯ 夏◯ 秋◯ 冬△

テトラ周辺

大多尾漁港旧波止のテトラ周辺

大多尾漁港旧波止のテトラ周辺

テトラ周辺は春に藻が生えます。

シャロータイプでスローに攻めて、大型アオリイカを狙いましょう。

くまつり
ここでの私の実績はキロUPですが、他の釣り人が2キロUPを釣り上げたこともあります。

満潮前後の実績が高く、外灯があるので夜も釣りやすいです。

中間

テトラ周辺よりも水深がグッと深くなります。

ここから先は3.5号以上のエギがメインで、晩秋に900gのアオリイカが釣れたことがあります。

潮が流れてない時のアタリはコウイカが多いです。

コウイカ

コウイカ

屈折部

旧波止屈指の人気ポイント。潮の流れが早い時は、通詞島と同じかそれ以上です。

入るタイミングが良ければ良型が連発することもあります。

エギが足元まできてもすぐに回収しないでください。
くまつり

アオリイカが追ってきていて、流れが緩やかになったところで食いつくことが何度もありました。

屈折部-先端

大多尾漁港旧波止の屈折部-先端

大多尾漁港旧波止の屈折部-先端

屈折部から先端に行くまで結構な距離があります。

回遊待ちになるのでここ付近で釣る人はほぼいませんが、有効的な釣り方が1つあります。

くまつり
それは朝まずめ・夕まずめの潮目です。

潮目めがけてキャストし、流れにのってきてるアオリイカを狙います。

底まで沈めずに中層付近からしゃくり始めて大丈夫です。この釣り方で短時間で中型以上が4杯釣れたことがあります。

まずめはケイムラの反応が良いです!
助手ちゃん

内側

釣れますが、船とロープに引っかからないように注意が必要です。

新波止のポイント・釣り方

大多尾漁港のポイント

大多尾漁港のポイント

アオリイカが釣れる時期

春◯ 夏◯ 秋◯ 冬△

テトラ周辺

着水後すぐにしゃくり始めて大丈夫です。

障害物が多く水深が浅いので、着底させたら根がかりします。

くまつり
特に秋に釣れた実績があり、居付きの新子がいたらエギを追いかけてきます。

波止の付け根には外灯があり、夜も釣りやすいです。

外灯に小魚が集まり、その小魚を捕食しによくシーバスが集まってきます。

中間

大多尾漁港新波止の中間

大多尾漁港新波止の中間

墨跡が多いところの沖に障害物・藻があり、アオリイカが集まります。

屈折部

沖側はドン深で、水深が20mくらいあります。潮通しが良く小さいエギは着底しないので、エギは3.5号以上かDEEPタイプがおすすめ。

くまつり
ここでの実績はキロUPです。

小型青物(ネリゴ・ヤズ)が回遊する時もあります。

屈折部-先端

旧波止同様に先端まで結構な距離があり、歩いて数分かかります。

正直なところ遠い先端まで行かなくても手前で釣れるので、頻繁には行きません。

内側

大多尾漁港新波止の内側

大多尾漁港新波止の内側

外側ばかりに目がいきがちですが、内側の実績も高いです。

くまつり
キロUPが釣れたこともあります。

ブイ(浮き輪)の奥にキャストし、ブイから少し離れたところを通してください。

ブイの真横に直接エギを通すと、アオリイカがビックリして食いつかない可能性があります。

漁協隣では氷販売も

大多尾漁港の氷販売所

大多尾漁港の氷販売所

漁港にある漁協の隣では氷が販売されており、小クーラーボックスがほぼ埋まるほど出てきます。

氷

釣りのみっちゃん

釣りのみっちゃん

釣りのみっちゃん

新波止の近くに釣具店があります。

品揃えはあまりよくありませんが..このお店のメインは貸ボート・釣りエサです。

春、2馬力ボートで陸地から届かない藻場にボートエギングに行ったことがありますが、パラダイスでした..。

熊本エギングMAP

  • この記事を書いた人
  • 最新記事